IMG_1333

今後発展を期待してしまう未来の科学技術について


こんにちは高木です。

今日は未来科学技術のこと。

未来科学技術と言うのは
身近なもので言えば
スマホが代表されるのですが、

どうでしょうか?

10年前に、スマホを
日本国民のほとんどが
使用する未来なんて

想像できましたか?

 

誰も想像できてなかった
と思うんですね。

 

で、今後どうなっていくか
っていうのが
今日のテーマなわけで。

 

スマホは僕の予想では

小さい手のひらサイズの
”クリアボードみたいなもの”を
シュッと出現させて、そこに
全て映し出される様になるのでは?

と思っています。

これはもう5年後くらいには
普通にあると思います。

最近、超音波技術というのも
発達していて、超音波でモノを
自由にコントロールできたり
するわけです。

これをもっと
技術改革していけば、きっと
”想像を超える産物”
なると思うんですね。

すごいですよね。

あと、自動車は5年後には
自動操縦システムが
導入されまくる時代に
なるでしょうね。

とは言え、

急な子どもの飛び出しとか、
信号機、踏切の機械的不具合に
どこまで対応できるか、
が焦点になってくると思います。

正直、
後者は問題ないと思います。

というのは、
今衛星ってのは1つあるのですが、

これが今年中に2つ目、
そして来年再来年で4つ
できる予定だったりしています。

そうなるとGPSの精度が
抜群に上がります。

一寸の狂いもないほどに。

今はまだ不安定じゃないですか、
GoogleMAP
なんかでもそうですよね?

だからかなり期待できます。

しかし前者の
子どもの飛び出しは
突然なので防ぐのが難しい。

これは、ではどうするか?
というと、”カメラ”を
つけることにはなると思うんです。

例えば前に2つ、
うしろに1つと。

で、それでも
完全に無人というのは
あまりにリスクが大きいわけで。

なので僕は
完全に無人にすることには
しないのではないのかな、
って思うんですね。

あと、もっと言えば
人間の脳は一生生き続ける
ことができる未来がくる。

これは超革命です。

不老不死です。

これは脳を
コンピューターに埋め込む
ということです。

結局、
死というのは脳が
死ぬことじゃないですか?

でも脳が生き続けることができれば、
物体さえなにかあれば、例えば
”永遠に家族と一緒に居られる”
ということが実現するわけです。

って、すごいことを
言っていますが、
5年後のことなんて
さっぱりわかりません笑

1年後だって
たいしてわからないんですから。

でもこういう未来に
今僕たちは生きているんだ、
ってことを知ってもらえたら
いいな、と思いました。

ますますこれから
グローバルになっていくわけなんで、

こういう考えをたくさんの人が
思うようになれば市場ってもっと
拡大すると思うんですね。

ということで今日は未来科学が今
どうに進んでいるかを踏まえながら
自分なりに考えてみました。

最後に少し前に作った動画を
あげておきます。

化物語のアニメの動画ですね。

ではでは、また次回まで。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)