IMG_0149

HDDのリスクとインターネットビジネスをやる上での環境整備


今日は情報の管理について。
環境整備ですね。

これは僕もまだまだ徹底していないところなので
アウトプットしながら進めたいと思っています。

ということで徹底したいのが
データコピーです。

バックアップの意味ですがそれだと単に
外付けハードディスクというパターンだと思います。

で、それはこの後の話しなので
一旦飛ばしますが。

 

そもそもHDDというのは、
壊れる確立がかなり高いです。

なのでバックアップは当然
とっていると思いますが、
バックアップに関しては、
必ず2カ所以上やっておきましょう!


情報ビジネス、もしくは
情報コンテンツを扱っている方
全員に言えますからね、
サッと流さないようにしてくださいね。

 

そして本題ですが、
データコピー。

これはIT(情報技術のこと)に
関わっているのであれば情報は資産
だということはご存知かと思います。

ですが、では
外出時もわざわざPC持ち歩くの?
ってことです。

当然、車で打ち合わせなりにご自身のPCを
持ち歩くのは効率上その方がいいですが、

旅行先で手荷物になるPCはなるべく
避けたいですね?

なので僕はUSBメモリに
必要なデータだけを取り込んで持ち歩きます。

必要なデータとは、
基本的にクッキーが変わる分、
それぞれのアプリのIDやパスのことです。

これがあれば外部のPCでアクセスすれば
いいだけなのでほぼ手ぶらで外出できます。

ひとつのPCでしか操作できません、
なんていうのは克服しましょう。

環境整備というのは
決しておろそかにしてはいけません。

 

今の時代、いつ何が起きるか
分かりませんから、データは必ず
分散してコピーしておき、

要所要所で使用できるように
対策していきましょう!

そして基本、ご自身のPCには
パスワードロックをかけておきましょう。

さすがにこれは
プロでもハッキングが困難と言われますので。

ということで今日は
情報管理についてでした。

ではではまた次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)